2013年3月28日木曜日

介護職20 食事介助という名の人殺し

介護職20 食事介助という名の人殺し
「入浴介助中の火傷死亡事故」
先日出合った、施設関係者とのお話し。
当時、ニュース新聞にも取り上げられました入浴中の火傷死亡事故。
彼が過去に勤めていた施設がソレなのですが、「ボーッとしてるし、あの人ならやりそうやと思った。」と漏らされていました。
高温であれば、熱気や湯気で分かりそうなものですが、どうなんでしょう。

そもそも、高温で湯を張るという状況が気になりました。
わたし個人の見てきた中で、何時間も前にある程度熱い湯を張り、入浴前に温度調整という方法を取っていた職員が居たのを思い出しました。
本人は、出来る準備は先に先にという性格で、それが効率が良いと思っていたようですが、無駄なことして頭悪いな・・・という印象を当時抱いていました。
個浴であればご利用者が浴場に着いてから湯を張っても、服を脱いで身体を洗ってと一連の流れの間に湯は溜まります。
間に合わないのであれば、ある程度逆算すれば良いだけです。

先に先には、エネルギー、コストの無駄です。

風呂場に温度調整機能が無く、寒いので暖めておきたいという理由であれば、脱衣場を暖めるついでに戸を開けて暖房を中にいれるなりすれば良いのではないでしょうか。
さすがに脱衣場にはエアコンが付いているでしょう。

空間を暖めたいなら、壁面を暖めることです。
ちょっとした豆知識。


先に先にの職員が居ましたら、「○○の時に湯を張ったら間に合いますよ。」と伝えましょう。
相手が非効率な効率を主張してきたら、角を立てないよう「リスク回避」を前面に「コストの無駄」を控えめに伝えましょう。

それでも、相手がややこしいなら嘘でも相手を立てて「アナタはキッチリしてて大丈夫だと思いますが」「他の職員が気付かずに抜けた行動してしまったら危ないから」という旨を伝えましょう。

それでも、相手がごちゃごちゃ言うようなら「ドアホ、頭悪いんか!」という気持ちを抑えてリーダー辺りにマニュアル化してもらいましょう。






有料老人ホーム勤務時代の回顧録。

2013年3月9日土曜日

介護施設に身内を預ける「責任」と「信頼」@介護Tweet06

介護施設に身内を預ける「責任」@介護Tweet06
親類を施設に預ける前には必ず自前チェックを。

管理者に質問したところで返答が全て本当とは限りません。
酷い施設は「免許を持った職員が毎日美味しい食事を作っております」←名義貸しで栄養士でも調理師でもない低賃金無免許パート。
中抜きに縁者の会社を挟む等実際あります。

そうしたマヤカシ施設は総じて良識のある職員は辞め、どうしようもない職員だけが残っていきます。
当然食事以外もケアの質が低下します。
新人も質の低い教育を受け弱い者は思考が麻痺。
当たり前だと思うようになり施設にとって都合の良い職員が次々出来上がる。

そうして出来上がった職員の特徴としてストレスから強者に媚び、弱者を苛める人が出てくる。
その弱者の代表があなたの預けた「親類縁者」です。
気付いたときには時すでに遅しにならないよう、大切な人を預ける前にはしっかりチェックをしましょう。

外部からのチェックが行き届くほど施設の質も上がり、結果的に職員の質の向上にも繋がっていくと思ってます。
施設側だけに任せてもダメです。
ただのクレーマーにはなって欲しくないですが、預ける側も責任を持ちましょう。






上述のTweetは、実際にわたしが勤めていた有料老人ホームの実態の一部です。