2013年1月20日日曜日

相手を嫌いになるにはまだ早い@介護Tweet05

相手を嫌いになるにはまだ早い_介護ツイート05
「相手を嫌いになるの、早すぎませんか?」

同じミス。
好きな職員なら腹は立たない。
フォローしたくなる。

嫌いな職員なら腹が立つ。
尻拭いなんて嫌。


当たり前の感情だけど、態度行動に出してしまうとそれは矛盾。
結果、立場変われば自分も後者。
矛盾は増やすより減らすほうが楽。
好きだと思える職員も自ずと増えると思う。

どんな職場でも、人間関係で悩む人がいるけれど。
相手が自分を嫌ってそうで、嫌だなぁと思うことがあっても。

自分は相手を好いてると無理にでも思って行動してみてはどうだろう。
意外と馬が合ってしまったということも少なくない。

いろいろ頑張ってからでも遅くはないよ。
相手を嫌いになるのは。






上述の思想は、わたしの仕事相手に対する行動指針。

2013年1月2日水曜日

連れ子20 悩めるおっさん達です。ご意見頂戴したく。

連れ子20 悩めるおっさん達です。ご意見頂戴したく。
わたしと似た境遇。
というよりも、わたしよりお辛い立場。

前回記事「連れ子19 離婚か、別居か。」で吉田さん(匿名)よりコメントをいただきました。
今の世の中、多数いるであろう連れ子再婚を考えている方、されている方に、少しでもお役に立てればと思い、勝手ながらコメントを記事にピックアップさせてもらいます。

Twitterでもありがたいコメントをいただきます。
しかしながら、Twitterはどうしても「今」をメインとする性質なだけに追いつけないのが現状でして、その面では、見逃しの無いブログはおっさんには安心できます。
使い分けでしょうが、有効に使いたいと思います。





吉田さんより。