2013年8月30日金曜日

介護職21 腰椎椎間板ヘルニアの疼痛はヘルニアが原因ではない。

介護職21 腰椎椎間板ヘルニアの疼痛はヘルニアが原因ではない。
今回の記事を書くきっかけになったのが、同じ介護職で頑張っておられる、京奈良飛鳥さんのブログ記事「介護職の腰のメンテナンス」

「腰痛予防、対策」
介護職をしてますと、必ずと言っていいほど付いて回るのが腰痛ですね。

わたし自身も、未熟なうえに無茶が高じた結果でしょう。
過去に、L4~L5部位の腰椎椎間板ヘルニアを患いました。
急性期を過ぎ、半年の保存療法を選択するも、疼痛により歩行困難であった為、最終的には手術を受けました。

現在、下肢に多少の後遺症が残るものの、身体的負担の比較的軽い職場に移り、元気に現場復帰を果たしております。


休職中、「俺、もう普通に歩かれへんかも?」という将来の不安と、持て余す程の暇な時間。
なんとか治せないものかと、藁にもすがる思いで情報を集める日々。
これは患った人にしか解らない。

さすがに2度も患いたくありませんので、ある程度(?)身体に気をつけるようになりました。
で、何に気をつければ良いのでしょう?


「痛みの原因は?」
気をつけると言っても、原因が解らなければ、対策方法にズレが生じてしまいます。

腰椎椎間板ヘルニアでよく言われる痛みの原因。
椎間板が飛び出した結果、神経を圧迫し、痺れ痛みが発症する。
だから、その椎間板が自然吸収消滅されるか、元に戻る(戻す)か、手術で除去する必要がある。
椎間板に触れている神経の炎症を治める必要がある。

本当にそうなのだろうか。
この理屈を否定する医学的知識は、さすがに持ち合わせておりませんが、経験上どうもしっくりとこない。

というのも、健常者も結構な確率で椎間板突出はおきており、少なからず神経根圧迫もあるはずなのに、わたしと違い、痛みが全く無いということ。
手術は成功したはずなのに、痛みが消えない人も少なくない。


「疼痛の原因はMPS」
そうこうしていると、ヘルニアの痛みの原因は、「ストレスだよ~」や、「筋肉のコリだよ~」という情報を目にする。

ストレスが関係するという話しは、主治医にも言われていたことだし、「ご自身はそんなタイプに見えないしなぁ。」とも言われていた。
わたし自身、ストレスはピンと来ない。

「筋肉のコリ」が気になるので調べてみる。
すると、疼痛の原因は、「筋筋膜性疼痛症候群(MPS)」がほとんどなんだよというお話しが。
MPSを簡単に説明すると、身体を酷使する結果、筋肉が少しずつ損傷収縮し、回復が追いつかず元に戻らなくなり、結果、痛みが発症するということ。
そして、その痛みは部位だけではなく、その周囲まで広い範囲で発生するということ。
詳しく知りたい方は、「筋筋膜性疼痛症候群」で検索!

MPS論者は、多くのMPS患者が、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、神経根障害などなど誤診を受けていると指摘してます。
特に、日本は医師患者共に、MPSの認知度が低いとも。


「わたしもMPSだった?」
わたしもMPSであったと考えるほうがしっくりきます。

何故なら、比較的痛みの軽い硬膜外ブロック注射から、激痛の走る神経根注射まで何度も打ってもらいました。
結果、痛みが多少緩和されるも、どんな体勢でも痛みが生じるし、歩行には激痛が伴う。
主治医も頭を傾げる。

これでは社会復帰は叶わないと、手術に踏み切りヘルニアを除去。
多少マシになり、痛みを我慢すれば歩行も可能。
それでも、仕事復帰は難しい状態。

復帰に向け軽く筋トレをすると、激痛が走り数日寝たきりに。
どうしたものかと、術後も数ヶ月安静を続けるも、一向に回復の兆しが見えない。

主治医も、これ以上どうしようもないと困り顔。
何かないかと、情報を集めたなかで見つけた、マッケンジー体操から、ゴルフボールやテニスボールを腰に敷くマッサージ、柔軟ストレッチをとにかくやってみる。

それから、徐々に痛みが軽減するのを実感。
そして復帰の目処が立ち、現在に至ります。

MPSの存在を知った今考えると、手術で痛みが軽減したのは、ヘルニア除去の効果では無いとは言えませんが、全身麻酔で筋肉の緊張が取れた、ほぐれた結果が大きいのではないのかなと思えてなりません。



「何に気をつければ良いのでしょう?」
わたしの回答は、「筋肉のコリに気をつける」
特に「臀部のコリ」です。



京奈良飛鳥さんの記事中に「お!」と思ったストレッチが紹介されてました。
というのも、わたしの症状に1番効果があると感じ、毎日行っていたストレッチがソレだったのです。

職場で休憩中や空いた時間に、ご利用者とお喋りをしている最中に、椅子に座った状態でちょこちょこしてます。

京奈良飛鳥さんの寝た状態、わたしの椅子に座った状態と違いはあるものの、臀部と腰部のコリをほぐす、同じ効果を期待したものです。


★お手軽臀部ストレッチ(椅子バージョン)
①椅子にお尻を浅く掛ける。
②左ヒザの上に、右足の外側くるぶしを乗せる。
③左ヒザを両手でつかむ。
④背筋を伸ばしたまま、上体を前に倒す。
⑤右側のお尻が伸びたと感じたら30秒間状態をキープ。
⑥左右の足を入れ替え、同様に①~⑤。

参考「椅子に座ってお尻ストレッチ動画」


コレ、本当に腰が軽く楽になります。
一度、お試しあれ。



■トリガーポイントブロックで腰痛を治す!(MPS論)
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿