2013年2月16日土曜日

「市街~角島」道中の隠れた観光名所!下関旅行2日目オマケ

「市街~角島」道中の隠れた観光名所!下関旅行2日目オマケ
前回、「角島、下関旅行2日目」のオマケ。

下関市街から角島までの道中にも、色々と楽しめる場所がありました。
せっかくのなので、ご紹介。

「風力発電を間近で見てみたい。」と面倒くさいことを言い出した嫁。
角島から市街への帰り道を少々変更しまして、探してみると・・・・。

あったんです。
「風車見学できます」という看板が。

数キロ先だということで、行ってみました。
国道435号線に入り口があります。
『CEF豊北ウインドファーム』
〒759-5513
山口県下関市豊北町大字北宇賀3776
風車見学MAP_下関
(c) CEF
クリーンエナジーファクトリー株式会社が風車の建設、管理をされているようです。
わたし達夫婦は事前情報無しでしたので、右も左も分からず。
シーズンには梨狩りもできるんだな程度にしか思ってませんでした。
どうやら風車以外にも、展示室、梨狩り、カフェ、イベントと色々楽しめるものがあるようです。
もったいないことをしたかな。

それでもね、風車だけで大満足出来るほど凄かったんです。
真下まで行けるんですよ。
なかなかそんな機会ないでしょ?
写真でどこまで伝わるか疑問ですが・・・・。
『風車』
風力発電_豊北ウインドファーム_下関
真下から。
風車見学_豊北ウインドファーム_下関
「圧巻!」のひとこと。
何故だか、エヴァンゲリオンを連想。
面倒クサイと思いつつ、来てみればわたしも感動してました。
是非、生でご覧いただきたいです。
豊北ウインドファームさんありがとう!

風車を後に、車を走らせること20分。
西長門海岸沿い(ブルーライン)の国道191号線へ戻った先で偶然発見。
『二見夫婦岩』(フタミメオトイワ)
〒759-5513山口県下関市豊北町二見
二見夫婦岩MAP_下関
海岸沿いの道路下に、巨大な2つの岩が見えます。
そこにちょうど、車を停めるスペースがありましたので停車。
写真右上に写ってます階段から降りることが出来ます。
二見夫婦岩_下関
どれだけ、大きいかと言いますと・・・・
こ~~~~んなに!
二見夫婦岩02_下関
嫁も最近大きい。
二見夫婦岩03_下関
岩のテッペンをよ~く見てみると・・・・。
小さな鳥居を発見。
二見夫婦岩鳥居_下関

如何でしたでしょうか。
下関は瓦そばが有名なのですが、道中に瓦そば考案者の蕎麦屋さんもあります。
満腹で泣く泣く諦めましたが。

それにしても、下関は本当に綺麗な景色にたくさん出会えます。
観光場所もロクに決めずに行き当たりばったりでしたが、なんとかなるものですね。
思い出に強く残る、大満足の旅行になりました。



オマケのオマケ
帰りに市街のカモンワーフに戻り、お土産を物色。

・・・・・・・・。

「巌流島、下関旅行1日目前編」で、車でお越しの方は、「唐戸市場駐車場」がオススメ!と言ったまま理由を書くのをすっかり忘れておりました。
『オススメ駐車場』
カモンワーフ周辺駐車場MAP_下関
「海響館」「唐戸市場」「カモンワーフ」と、徒歩圏内に観光場所がたくさんあります。
カモンワーフ内の親切な店員さんに、周辺の駐車場事情を教えていただきました。
カモンワーフで2,000円以上の買い物をすると、駐車場割引があります。

海響館駐車場(みらいパーク)は経営会社がコロコロ変わり、周辺の店舗と提携できない。
カモンワーフ駐車場は、60分割引チケット。
唐戸市場駐車場は、90分割引チケット。

ということで、「唐戸市場駐車場」が1番お得なのでした。
3つとも、1時間300円だったと思います。
90分無料は結構大きいですので、賢く利用しましょう。

『帰路に悩む』
わたしは車に興味も無ければ、運転はハッキリ言って嫌いです。
また8時間も9時間もかけて車で帰るのは、さすがにゾッとします。
前日、嫁が寝てる間に探してみると、福岡県北九州市から、大阪神戸を結ぶカーフェリーを発見!
満席が多い中、当日予約可能な会社をやっと見つけた。
Nexus7+WiMAXが役に立った!

カーナビさんによると、下関から車で30分で着くらしい。
九州近い!
時間を見計らって、イザ九州へ!

「わたし、九州初めてやねん!」
「どこも寄られへんで。」
「ええの!ドキドキする!!」
単純 純粋でイイですね。」

なんだか空模様が怪しい中、下関ICから門司ICへ。
観光後で助かった・・・・。
『関門橋』
関門橋_下関IC~門司IC

迷うことなく、新門司のりばへ到着!
乗船手続きを終え、車をフェリーに乗せます。
エントランスへ。
『阪九フェリー』
阪九フェリー
お腹ペコペコ。
早速、レストランへ。
船内で調理されているそうです。
意外と本格的。
や~~~~っと、酒が呑める!!
『船内レストラン』
その他、シャワーや大浴場、ゲームコーナー、マッサージコーナーと退屈しない設備が揃っております。

ちなみに乗船のお値段は、うろ覚えですが車が15,000円くらい。(大きさによる)
人間は、部屋によりピンキリ。
わたしは5,000円台最安値の2等自由席にしました。
運転手1名は、この部屋なら無料。
他の部屋は差額分が必要。
大人数が雑魚寝するタコ部屋です。
嫁は倍以上の値段の1等個室。
女性だし仕方ない。
くそっ・・・。

バイバイ九州(何も見てないけど。)
船外デッキ_阪九フェリー

ただいま。
お土産は、カモンワーフで購入しました。
『お土産』
土産_下関
中でも超オススメなのが、瓶の「ふぐの生茶漬け」。
1つ自宅用に購入しましたが、めちゃジューシーで美味い!

後日、近所の仲の良い「老人の集うスナック」へ。
ママとマスターにお土産ついでに呑み。
すると、となりのマイク真木のようなハイカラなご老人。
偶然にも下関出身でした。
真木「下関はイカが1番美味しいんですよ。」
「しっかり食べてきましたよ。ふふ。」


下関では、是非イカも堪能しましょう。



■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除