2012年12月22日土曜日

連れ子19 離婚か、別居か。

連れ子19 離婚か、別居か。
長男については、今まで記事にしませんでした。
細かいところまで表現しないと、とても伝わらないであろう内容だと思います。
ネットの性質上、表現も難しい。
わたしの立場視点からのお話しですので、長男の立場で見ると、また違うんだと思います。
その辺を汲んで読んでいただけたら幸いです。


前回、家出の続き。

一旦自宅へ戻り、嫁と話し合いました。
19歳の社会人である長男について。

複雑ながら、長男はある程度わたしを慕ってくれていたと思います。
母親抜きで映画を観たり、ご飯を食べにいったり、買い物をしたり。
時には、母親には内緒の話しをしてきたり。
彼には、良い面もたくさんあります。

外の人間としての付き合いであれば、どうとでもなります。
ただ、同じ家に住む家族としては、無理をしないと付き合えない相手でした。

折を見て、時には男同士腹を割って話し、どうしても認められない非常識な面を諭し。
すべてはここに書けませんが、所帯染みた内容を中心に書ける範囲でしんどかったことを。

・挨拶をしない。何度も言わないと返さない。
・靴を脱ぎっぱなしで揃えない。
・入浴時以外、歯を磨かない。磨いた姿を見たことが無い。
・どんな状況でも、家のことは一切手伝わない。
・毎日家に友人を呼び、泊まらせる。(これは納得しないながらも改善。)
・常に独語でブツブツと文句。(これは仕方無いので、彼を責める気は無い。)

この辺は、嫌な気分になりますが許容できます。

しかしながら、
・真夜中でも構わず、ゲームやSkypeなどで大声で叫び遊ぶ。
・トイレットペーパーの芯をそのまま床に投げ捨てる。
・トイレを便でベットリ汚しても、気にせず放置。
・本人しか使わないゴミ箱が一杯になっても、そのまま床にゴミを捨てる。
・自室があるにも関わらず、リビングに衣類やら何やら撒き散らし私物化。
・普段から、声を裏返し捲くし立てる口調。
・普段から、挙動のひとつひとつが「ガン!ガチャン!ガシャン!」と非常に大きい。

一つ一つは小さいかもしれませんが、非常識だと思うことがたくさん重なってくると、堪らなくなってきます。

周囲に「怒ってるの?」と思わせる言動。
機嫌が悪い訳では無く、彼にとっては普通のこと。
それが他者にとって不快であることは、理解できない(したくない)模様。
友人を招いた際には、必ずと言って良いほど、「機嫌悪いん?」「変わってるね。」という表現を受けます。
普段のコミュニケーションから、他人の気持ちが分からない人と思わせる言動が非常に多い。

真夜中の静かな時間。
家の前で車のクラクションが「ブブー!」と鳴り、非常識で迷惑なアホがおるなと思えば長男の友人。
それに対し、注意もしない。

また、仕事帰りに雨が降っているからと、免許の無い人間に車で送ってほしいと頼んだり。
「どうしても困った時は乗せてもらいよ。」と、タクシー運転手であるわたしの親類を紹介をしたのですが、相手の都合お構いなしに、電話に出るまで架け続ける。
困った親類から彼の名前で埋まった履歴画面を見せられた時は、唖然としました。

その他、ここには書けないことが色々とあります。
これらを本人が改善する気が無いのなら、とても同じ家には住めないと、以前から嫁に話しをしてきました。

この2年間、嫁が話しをしても、聞かないどころか逆に言い返す。
わたしが言っても、口癖の「ちゃうねん。それは・・・」と、場を取り繕うか、その場逃れの返事。
「そんなしょうもない事、面倒やねんからしたくない。いちいち言わんといてくれ。」そんな思いが、表情態度から伝わります。
そんなに自分勝手に生活がしたいなら、もう社会人ですし、一人暮らししたらいいのですが、家政婦が欲しい。お金がもったいない。そんな思いが強いようで、出る様子もない。
どうしても精神的にもたなくなり、わたしのほうが家出をしてしまいました。
彼は、わたしの家出の理由は、今でも嫁とのケンカだと思ってます。
帰宅後の話し合いも、内容は同じです。
解決は見えません。

次男と同じく、彼も指摘されたり叱られるのが嫌いで不慣れです。
自分を認めてくれる人、共感してくれる人以外、排除してきたようです。
ですので、交友関係が狭い。
その辺りは、本人も自覚しているようです。

以前、彼と外食をしにいった際、自分から他者を挑発し、相手と問題を起こしそうになったことがありました。
その時、わたしは彼を押さえつけ、無理やり止めました。
手は出しませんでしたが、怖いと思わせてしまったようで大泣きされました。
普段エラそうに振舞い、身体も大きいのですが、精神面は正反対です。
それ以来、彼と接する時は、常に表情その他、彼が傷つかないように気をつけるようになってしまいました。

その結果、彼にとってのわたしの存在は、「自分を認めてくれる人。共感してくれる人。」という位置づけになったように思います。
そうじゃないと関係を保てないとも、彼を見て感じてました。
それもしんどかったです。

嫁より「長男と真剣に話しをするからもうちょっと我慢して欲しい。」と言われました。
もう限界はとうに超えてましたが、何も変わらなければ「離婚か、無理なら別居させてくれ。」と伝えてました。

結果はやはり、変わりませんでした。
頭がおかしくなりそうでした。


子供は、自分が非常識だとは思ってないので、注意されるのがしんどい。
嫁は、わたしと子供の間でしんどい。
わたしは、精神的にしんどい。
皆、しんどい。

最後の夜、相変わらずな彼に対し、叱る、諭すではなく、初めて怒りました。
それは、彼にとってのわたしの存在が「自分を認めてくれない人。共感してくれない人。」に変わることを意味します。

「なんで、お前の脱ぎ捨てたズボンを他のもんに拾わせてベルトまで抜かせて洗濯させて平気でおれるねん!」

「なんで、お前が床に投げ捨てたゴミを他のもんに拾わせて平気でおれるねん!」

「なんで、それを注意されても翌日には同じこと出来るねん!」

「全部、理由が面倒くさいやろ。」

「自分が面倒くさくて押し付けてること、させられてるほうはもっと面倒くさいねんぞ。」



わたしは、家を出ることにしました。
家の近場という条件付きでしたが。

現在、ようやく引越し作業が落ち着き、一人暮らしがはじまりました。
正直、精神的にとても楽になりました。


前回のコメントでお返事書きましたが、
子供が被害者。
わたしの器が小さい。
これらは、自覚してます。否定できません。
しかしながら、「自分の子供では無いから云々」という意見は、否定させてもらいます。
少なくとも、今のわたしには理解できそうもないです。


2年という短い期間でしたが、彼の良いところも知ってます。
嫌いではありません。
彼と同じ家で過ごすことが、わたしには耐えられませんでした。

わたしが出合った頃は、母子ともにバラバラだった家族。
当初はケンカの絶えない母子でした。
それが今では笑いあい、月に何度かは共に外出が出来る関係にまで修復しました。
マイナスだけでは無かったと信じたいです。


スタート時の4人の誓い。
「皆で協力しあわな、4人の生活はうまくいかん。頑張ろうな!」







■子連れ再婚を考えたときに読む本たち
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

4 件のコメント:

  1. はじめまして

    ブログ村からお邪魔しています

    いつも読み逃げしていたのですが初めてコメントさせて頂きます



    辛い思いをされたんですね

    継母だろうと継父だろうと、血のつながりが無いと言うだけで難しいと言われる必要はないのではと前回のコメントを読んで思ってました

    血のつながりはなくとも家族として成り立っているご家庭もある訳ですから

    それに、同じ立場にならないと当人の気持ちは分からないと思うので

    私はみやびさんの行動は間違っていないと思います

    誰かが、間違っていることをしっかりと教えないと

    今はいいかもしれません

    しかし、いずれ人はお子様の元を去っていく時が来ると思うんです

    自分の思い通りになんて人生はなりません

    自分の事を叱ってくれる人が居ることに本当は感謝しなくてはいけないんですが出来ないのでしょうね

    自分を叱ってくれるという事は少なからずそこに愛情があるからだと思うんですよ

    子供達だって、みやびさんがお父さんだったら嬉しいから結婚に納得したのではと憶測では思ってしまうのですが

    血の繋がった家族でさえ、我慢をすることだってあるんです

    誰しも我慢なしで人生を送ってるわけではないのだから

    息子さんたちももう少し大人になれたら状況は変わるのかもしれないですよね

    みやびさんの傷ついた心が少しでも早く治りますように願っています



    長文乱文にて失礼しました

    ご気分を害されたら、すみません

    返信削除
    返信
    1. 雪乃さん、はじめまして。

      彼のほうが辛いでしょうが、時が来ればまた違ったかたちで話しの出来る関係になれるかなと考えてます。


      雪乃さんのブログ記事「メッセージ」

      わたし達夫婦も似た環境かもしれません。
      雪乃さんと同じく、わたしも嫁に自分の子供は産んでもらう気は無い。
      その代わり、じいちゃんばあちゃんになっても手を繋ごうと伝えてます。

      心温まるお気持ち、メッセージ、ありがとうございます。

      削除
  2. はじめまして。

    はじめてブログを拝見しました。
    私は吉田と申します。
    心中お察しいたします。
    みやびさんは、本当に辛抱強い方ですね。
    私もみやびさんと同じような境遇にありますが、みやびさん程器は大きくないようです。


    私も嫁が年上です。
    嫁の連れ子が長女19才 長男18才 次男15才。
    嫁と私の子供はおりません。
    相続を考え子供は作らない方がいいだろうし、今いる連れ子に愛情が偏ってしまう可能性があるだろうと考えたからです。

    正直、長女と私の関係は上手くいってません。
    今日も嫁と長女が、なぜあの人(私)とと結婚したのか?と話し合いをしています。私が良かれと思ってとった行動が、彼女にとっては、とても許し難いことだった事があったからです。
    ただ、それは客観的に見ても彼女のわがままが原因だと思うのですが。(今詳しく書けなくてすみません。)

    彼女にとって私はただの経済援助をするだけの存在の様です。
    私は、関係を築いていくための努力を何もせず、ただ不満だけを言い続けている、彼女に好感は抱いておりません。
    しかし、親としてそんな彼女でも愛し、育んでいくことが務めと考えておりました。

    いっこうに私と長女の関係が良くなって行かないため、今日嫁が長女に一人で生きていくか、それとも今住んでいる家で私と理解し合っていくか、どちらかにしなさいと、質問しました。
    長女の答えは、今のまま住んで私とは理解し合わないといったそうです。

    私はそれを聞いて激高しました。長女としては、大学の資金、車の資金、日々の生活の資金は私の援助を受けたい。
    しかし、私とは仲良くなりたくはない。という考えだったのです。私は、人間の道徳という面から長女が心から許せなくなってしまいました。

    今は、私を除く嫁と連れ子の4人で次の3つの選択肢からどの様にするのか話し合うようにお願いしています。
    ①私とこの家に住み続け、理解を深め合って行く為に、努力をする
    ②自分一人で生活をする(経済援助は一切ない)
    ③私と離婚し、4人で生活をしていく
    本人達に自分の行動に責任を持ってもらうために、皆が納得して決められるプロセスが合った方が良いと思ったためです。

    19歳にもなって、自分のわがまましか言えない子供を本当に情けなく思います。しかし、いままで自分のわがままが存分に通ってきただけに、今、それは通らないと言葉で言っても伝わらないと思います。だから、自分のわがままによってどんな迷惑が周りに掛かるのか、体感して、痛い目に遭えばよいと思います。
    本当は、離婚せず本人に気付かせてあげれば良いのだと思いますが、それはもう難しそうです。

    乱文になってしまいましたが、みやびさんは、別居という形を取られましたが、みやびさんにとっても、お子さんたちにとっても意義のあるものになって欲しいと思います。

    返信削除
    返信
    1. 吉田さん(匿名)、初めまして。

      有り難く返信をさせて貰おうと、カタカタとキーボードを打っていたところ、思うことが多く長文になってしまいました。
      他の方の意見も頂戴したく、記事に取り上げさせてもらおうと思います。

      場合により、誹謗中傷コメントの可能性もありますので、お気を悪くされた場合はご連絡いただければ記事は即刻削除しますので、お付き合い頂ければ幸いです。

      但し、無限大にあるネット上の片隅に存在するブログですので、反応が無いかも知れません。
      その時は、「零細だな」と笑ってあげてください><

      記事URL
      http://miyabinoyes.blogspot.jp/2013/01/turego20-nayamisoudan.html

      削除