2012年12月5日水曜日

介護職18 ダマされた!デタラメな契約内容

介護職18_ダマされた!デタラメな契約内容
「歯磨きが、認知症予防に効果有り」

そんな研究結果が発表されたようです。
カリフォルニア大学が、高齢者5,500人弱を対象に18年間追跡調査。

結果は、歯磨き習慣の無い女性は、有る女性と比べ認知症の発症リスクが65%高いというもの。
この数字は、統計学的に誤差の範囲を超えているそうです。
逆に、男性は22%と誤差の範囲を超えてません。

アルツハイマー病患者の脳には、平均以上の歯周病菌が見られるという事実を考えますと納得できる結果ではないでしょうか。
それなら何故女性だけ?という疑問が出てきますが、今後の研究結果を待つことにしましょう。

そんな高齢者のケアに直接携わっている現場職員。
「口腔ケアをしないと。」と、作業的な日々を過ごさず、「この人の認知症予防になるんだ。」と思って取り組めば、意味合いも含め気分も少し変わるかもしれませんね。
TPOをわきまえれば、ご利用者との話題のひとつにもなりそうです。





ということで、有料老人ホーム勤務時代の回顧録続き。
前回、「退職を決意。」のお話しをしました。 3ヶ月目には「この施設に居てはダメだ。」との思いがいよいよ強くなり、施設長にその旨を伝えました。

何故、この施設に居たくないと思ったのか。
契約内容も、上層部の発するメッセージもデタラメでした。
それに連動し、マトモな職員が去り、デタラメな職員が残る職場環境。

挙げればキリがありませんが、1番酷かったのが契約内容。
当初3ヶ月は、レギュラーアルバイト契約。
様子を見て、その後に社員登用。
という約束で判子をつきました。
他の職員も同じような話しで契約をしてたようです。

後日書面を確認したところ・・・・・。
「短時間パート契約」でした。

これ、全然違うんです。
被保険者に該当しなくなります。
使うつもりもないですが、有給の日数も違います。
詳しくは省きますが、わたしはフルタイムの週5日間勤務でしたので、そもそも労働基準法違反です。
法人が人件費を削る違法な手段ですね。

労基法なんて守ってたら、会社は潰れる!
世の中そんな声もありますし、理解できます。
権利ばかりを主張するつもりもありません。

でも、違うんです。
ハナからダマされていたことに、会社に不信感を抱くんです。
特に今回の場合は、理事長の熱い想いに感化されてましたので。

新規施設での募集もデタラメでした。
わたしが面接を受ける前から新規施設の募集は済んでいたようです。
最初から、人員不足の既存施設穴埋め要員。
新規施設に行きたかった訳ではありません。

何を求めているのか、普通に話しをして欲しかった。
既存施設が大変な状況なら、そう伝えて欲しかった。

入社してから、何かと話しが違いすぎる。
下層に上層の情報を与えすぎないのはリスク管理として分かりますが、限度を超えてます。
それでも、ついて来た人間とはちゃんと向き合うという考えなのかもしれませんが、わたしはついていきたいとは思えませんでした。
ついて行ってる人間と話しをしても、理事長のことを聞くと良い話しが返ってこない。

その場で書面をちゃんと確認しなかったわたしも相当なバカなのですが、完全にその人自身を信じてましたので、熱い話しを聞き、その話しに同意し判を押しました。
で、同じように入ってきていた新人さん数人に聞きました。

「みやびさんと同じように、レギュラーアルバイトで契約したよ。」
「わたしも。」
「書面確認した?」
「えー。覚えてない。」
「ちょっと確認してみて。おかしいねん。」

後日、新人全員同じように短時間パートで契約していたことが発覚しました。
1人夜勤で寝れないのに、5時間も休憩時間として設定されている。
更には、縁故で入ってきた職員だけ夜勤手当が違うのも発覚。
・・・・なるほど、職員同士で給料の話しをしてはいけないと言われていたのはその為か。

その他、雇用契約以外でも色々と黒い部分が分かり、とても信用できるような会社ではありませんでした。
退職を引き延ばされていた為、その間に念の為、証拠集めに動きました。
何も無ければそれで良いですが、何かの時に自分の身を守れるように。
相手の出方によっては、反撃できるように。

そんな職員雇いたくないでしょうが、何も無ければ何もしません。
最後にその何かが有りましたので、証拠が役に立ちましたが。

それは、また後日。





■介護職員に読んでもらいたい本
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿