2012年9月27日木曜日

介護職16 わからず屋はあなた

介護職16_わからず屋はあなた
今月、兵庫県内で初めて「新規入所者受け入れ停止」の行政処分を受けた介護保険施設が出ましたね。

今年4月のオープン直後に、入所者2名死亡。
医療面での、現場職員への周知伝達が出来ていなかったのが原因。

開設1ヶ月目で入居者100名ほぼ満床、職員は10人以上退職。
開設後すぐに満床では、リスクが大きすぎます。
当初は、組織として安定し辛いでしょうし、職員同士がぶつかりあい普段以上に退職者が出易いですし。
「不正請求」も発覚しており、市から返還請求を受けてます。

施設は神戸市中央区にある「神戸海岸特養ケアセンター」運営母体は「社会福祉法人 成晃会 」です。

職場を探している方、預ける施設を探している方。
こういった事件も把握した上で、入社入居の検討をしましょう。
入ってから、知ったでは遅いです。
知った上で職員として頑張ってみようと思うのも、オススメできませんが選択肢のひとつですね。




ということで、有料老人ホーム勤務時代の回顧録続き。
前回、昼寝をしない利用者が追い返されるお話しをしましたが、今回も同じ婆ちゃんのお話しです。


Hさん

アルツハイマー型の認知症を患ってますが、身体的な援助はほとんど要しません。
関東出身で標準語に近く、言葉使いも丁寧。
上品な印象を受けます。(特に関西人のわたしには)

このH婆ちゃん。
何かと人の世話を焼こうとしてくださいます。
ただ、職員にとっては「やって欲しくない事」なんですよね。
仕事が増えることになりますので。
毎日のように人の世話を焼こうとし、毎日のように職員に叱られてます。

また、食事の時間には自身のおしぼりを畳んだり、クルクル丸めたりと遊んでいるだけで叱られる。
そんなに、マナーが大切か。

とにかく、職員にとって何度叱っても分からない「わからず屋」なので、余計にちょっとしたことで怒られます。

「認知症なんだから、仕方ないでしょう。」
「役割を持ってもらう事は、大事なことだと思いますよ。」

そんなことは、ここの職員の多くは通用しません。



触ったらアカン!

これも、日課のように見る光景でした。
通路にベンチを置いてあるのですが、夕方前に職員が洗濯物を取り入れ、ベンチに置きます。
時間が余ったときに、それを畳んでいく。

H婆ちゃんがそこを通ると、洗濯物が目に入ります。
そして、畳んであげようと世話を焼いてくださる。
結果、キチンと畳めないので畳んだ物までぐちゃぐちゃに。

「触ったらアカン!」

「何度言ったら分かるんよ!!」

「どうして、ダメなのよ・・・。」


「Hさ~ん。ちょっとこっち手伝ってもらえますか~。」

「ほら、兄ちゃん呼んでるで!」


「この人が、イケズ(意地悪)するのよぉ。。。」

「そうですねぇ。あの人畳むのすごい好きみたいですね。」


「わたし毎日イジワルされるし、もう嫌よ・・・・。」

(出来事は忘れても感情は覚えてます。)


「Hさん、テーブル一緒に拭いてもらえます?」

「いいわよ。あなた拭くの上手ね~。」

(こんなに気さくで優しいのにねえ。)


どうしたもんか。

とりあえず、ベンチをすぐ横の職員用の事務室に入れてみました。
うん。気がついたら、ご丁寧に元の位置に戻されてました。

翌日、洗濯物が取り込まれる夕方前に、またベンチを事務室に放り込んでおきました。

「だれよ~。昨日もここに入っててんけど!」

「僕ですよ~。」


「何で動かすん?」

「ん?洗濯物畳むのにHさんが触るでしょ。」


「座る人もおるのに、そんなん。」

「じゃ、洗濯物置く場所変えません?」


どうやら、見守りが出来る位置にベンチを選んでいたようです。
ベンチ以外でもHさんは来るし、どこでも同じだそうで。
なるほど、ごもっとも。


「畳んでない分は、触っても問題無いですよね?」

「畳んだ物までぐちゃぐちゃにするのよ。」


「んじゃ畳んだ分は反対に置くなり、離れる時は奥の部屋に置くなり。」

「それで問題ないんちゃいます?」

「ん~。まぁ。」


「Hさんを怒るんじゃなくて、怒らなくて済む環境にしましょ。」


人間だれしも、「人の役に立ちたい」もの。
それが毎日、訳も分からず怒られてりゃ嫌になるわな。

婆ちゃんにとっちゃ、職員のほうこそ「わからず屋」です。




■介護職員に読んでもらいたい本
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

4 件のコメント:

  1. Hさんを怒るんじゃなくて、怒らなくて済む環境にしましょ。

    とても、簡単な言葉ですが、重く受け止めていきたい言葉です。

    また拝見させていただきます!

    ポチ!

    返信削除
    返信
    1. のりさん、ありがとうございます。

      介護職員はどうしても当たり前を見失いがちですが、大切にしたいですね。

      またお暇なときにでも覗いてください^^

      削除
  2. みやびさま

    介護職の内情について調べたく、検索をかけたらみやびさんのブログを見つけました。私は介護職に転職しようか迷っているのでこのような内容はとても参考になります。有難うございます。低賃金や長時間労働の噂が絶えないので事前に現状をしりたいなあ。介護職シリーズの続きを楽しみにしています。

    返信削除
    返信
    1. のらさん、ご訪問ありがとうございます。
      記事更新の励みになります。

      低賃金はそのとおりですね。
      ご自身のライフスタイルとの兼ね合いだと思いますので、条件が合えば介護職も悪くないです。

      長時間労働に関しては、3つの法人での経験ですが、ピンとこないんですよね。むしろ他業種の方が労働時間は長い印象です。

      法人によりけりでしょうが、基本的には「給料安いけどプライベートな時間を確保できる仕事」だと思ってます。

      気になる施設があれば、転職を迷っている旨を伝え、介護職でやっていけるのかを事前相談されるのも悪くないと思います。
      場合によっては、施設内を見学させてもらえることもありますよ。

      削除