2012年2月22日水曜日

介護職11_有料老人ホームへ初出勤!こんなに楽でいいの?

介護職員11「有料老人ホーム」
居酒屋「和民」(ワタミ)で、労災認定でましたね。
飛び降り自殺は、職員の過労が原因。

渡邊美樹社長のツイートが物議を醸してます。
社長は、自身が相当苦労して努力して這い上がった人なので、従業員にも、一定以上の厳しさを求めてしまっているのでしょうか。

本人さんが、何を望んでいたのか分かりません。
心とは裏腹であったとしても、「頑張ります!」と苦労を買う姿勢を見せていたのかもしれません。

過去記事「私と仕事どっちが大事?」で触れてますが、私も、若い頃は寝る間も惜しんで働いてました。平日は基本会社に泊まって仕事。土日もほとんど休日出勤。
そのせいで、パートナーとうまくいかなくなり、よくある「私と仕事どっち」に悩んだ苦い過去があります。
まあ、今はその反発か残業してまでお金なんて要らないし、仕事人間の幸せよりも、家庭人間の幸せのほうが幸せですので、出来るだけ家族と居ます。
今後も家庭第一でやっていくと思います。

成長の為の、厳しい環境を作ってあげるというのも必要なのかもしれませんが、結果、死にまで追い詰めてしまったのですから、見極め失敗、労務管理が至らなかったのは間違い無いのでしょう。

彼女が、自分を守る、逃げる選択肢を持てなかった。
周囲が逃がしてやれなかった。

残念です。
お悔やみ申し上げます。



初出勤

前回「面接」の続き。

面接の翌日よりさっそく初仕事。
期待に胸が膨らんでワクワクドキドキしておりました。
募集要項にあった新規施設は開設前ですので、それまでは既存施設でお勉強。

1フロアに9名の利用者さん。
1階2階の計18名。
全て個室。
各個室部屋を出たら目の前すぐにリビング。

ヘルパー2級研修でしか経験ないですが、造りはグループホームに近いのかな。


玄関に入り元気よく、
みやび「おはようございます!」

職員「おはようございます^^」


皆さん、人当たりの良さそうな良い雰囲気。

新人ですので、先輩主任に付いて貰い一通りの流れを覚えます。

・・・・・・・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


マジデ・・・・?



こんなに楽でいいの?


特養との違いにビックリ!

仕事を舐めてるとかそういう話しでは無く、本当にビックリしたんです。
日中は利用者さん9人に対し職員2人です。それに加え研修中の私を入れて3人なので、当然と言えば当然なのですが、特養しか経験の無い自分にはかなり衝撃的でした。
これで採算取れてるのだろうかと、無駄に不安を感じたり。
しかも、利用者さんも元気な方が多い。
認知症を患ってはいても重度の方はおらず、会話は普通にキャッチボールできるし、食事は1~2人介助を要するだけ。
排泄も、見守り、一部介助が数人で、半数は自立してる。


特養で忙しい毎日の職員さんには、解る人結構いるんじゃないでしょうか。
忙しい忙しいとぼやきながら、イザ、時間が作られるとじいちゃんばあちゃんと何をして良いのか動けず、結局無駄に仕事作業を探してしまう人。

お恥ずかしい話しですが、これだけ職員負担が軽く時間も余裕があると、一瞬何をしたらいいのか戸惑いましたw

これはアカンと、せっかくシッカリした方が多いですし、初日ということで、出来るだけ個別に自己紹介を兼ねてお話しを。

名前を覚えようと紙にメモして下さるばあちゃん。
お近づきにと、飴玉をくださるばあちゃん。
品定めのように、「あんたを職員とはまだ認めてない」オーラを発するじいちゃん。
手にチュウをしてくださるばあちゃん。

反応は色々あるが、本当しっかりされてる。
飴玉は好意なので、気持ちよくいただくのも仕事と考えてますが、法人の体質もまだ解らないですし、念の為、食べないで主任さんに聞いておきました。



職員さんとの交流

主任「良いですよ^^」

「そですか。了解しました^^」


「飴玉を本人さんの自己管理にさせて貰えるのが嬉しいですね。」

主任「そうなの??」


「喉つめとかで難しい面がありますし、なかなか。」

主任「へー。あの人元気やしねえ。」


「本当、元気な方が多くて圧倒されてますw」


主任「私、ここしか経験ないから色々教えてくださいね^^」

「いやいや、僕も10ヶ月しか経験ないですし、僕が色々教えて欲しいのでお願いしますw」


主任「私、自信が無いから特養から来たって聞いただけで、『はわわわ。』ってなっちゃうからw」


「前の施設を比較で出してしまうと、良い思いしない職員さんのほうが多いでしょうし、その辺気付けながら、頑張りますねw」


主任「ありがとう。期待してます^^」



そうこうしていると、別の職員さんが声を掛けてくれた。

職員「みやびさんはここに配属されたんですか?」

「いやあ、新規施設の採用なので、それまではここで研修ってことのようです。」


職員「そっか~。残念やね。
うちはナヨナヨした男の子しかおらんから、おって欲しいのにな。」


「はは。それにしても、ゆとりがあって落ち着いてて良いですね。」


職員「特養から来たんですよね?
私、ここしか知らないけど特養って忙しいって聞くし、私はこれが普通だからなあ。」

(他施設の経験ある人少ないのかな。)
「人間らしくて、良いですよ。」

職員「嬉しいな^^」


職員さんもゆとりがあって幸せなんだなあと思いました。

最初の数日だけは。



違和感・・・・・

退勤前に新規の施設長と、もうお1人様子を見に来られて、呼ばれた訳ですが、

新施設長「みやびさん、配属先の話しはあんまり周囲にしないでね。」

「はい?」
(どういう意味だろう・・・・。)


新施設長「ここには研修で、新規施設に移る予定って言ったらしいけど。」

「はい。聞かれましたので答えましたけど、何かダメでした?」


新施設長「ダメということでは無いんだけど、あんまりそういう話しはね。」

「・・・・そうですか。聞かれた場合はどう対応すればいいですか。」


新施設長「とりあえず、ここで頑張ると言って貰えたら良いですよ。」

「・・・・・分かりました。気をつけます。」


う~ん。なんだろう。
この時は、いまいち意図が読めなかった。


まあ、だんだん解っていく訳ですが・・・・・・・・。




■介護職員に読んでもらいたい本
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿