2011年12月28日水曜日

介護職07_掃除のおばちゃんと仲良くなるな?ふざけんなアホたれ!

介護職員07「掃除のおばちゃん」
タイトルがちょっと過激ですが、単純に「アホちゃうの?」と思った出来事。

時系列が前後します。
初めての特養入社後、3ヶ月程経った頃だったと思います。

以前の記事通り、私は立場関係なく、誰とでも結構お話しします。
単純に楽しいのも有りますが、仕事上の意図もあります。

過激な表現ですが、アホはそこに気付きません。


ここの特養は、外部委託で清掃業者を入れており、毎日掃除のおばちゃん1~2人がパート勤務で出勤します。

床からトイレまで、毎日綺麗にして下さいます。
コストを見ると考えものですが、お陰で現場職員は大変助かってます。

で、当然おばちゃん達も、私達と同じ現場に居るわけです。

雇い主、役割違えど、同じ現場で働く同僚。顔馴染み。
私はそう思っています。

しかしながら、一部の職員(というより大勢)は、外の人として見ており、中にはただの「部外者」としか見ていない者もおり、挨拶もしない。
これが非常にもったいないのです。

何故かと言いますと、

連れ子03_今月中に新居を探さねば!子供との最初の約束

連れ子「新居」
膳は急げとばかりに、早速ネットで検索し、4人で住める新居を探す。
と言っても、新築だとかマイホーム購入という訳では無く、貧乏人らしく賃貸物件。

子供たちとの対面前に、事前にある程度絞っていたので、いくつかの物件を実際見てみることに。

2011年12月25日日曜日

介護職06_婆ちゃんが喋った!真夜中の不思議な夜勤体験

介護職員06「不思議な夜勤」
世間は、メリークリスマスですね。

皆様、如何お過ごしでしょうか。
今日は、嫁が夜勤で居ません。

子供達に、私の唯一出来る手料理カレーを作りました。と、思ったらカレースープになりました。

私の2時間を返しやがれ。

日常と変わらない、クリスマスイブ。
もうイブじゃないか。
などと、暇を持て余してますので、「特養体験記」更新。

一応、自身を振り返る為の記録でもありますので、私が介護の世界に飛び込んでからを、出来る限り時系列で綴ってます。


初めての特養入社後、半年経った頃。

今でも忘れない、ある婆ちゃんとの出来事。

2011年12月23日金曜日

第21弾 「人志松本のすべらない話」クリスマススペシャル@個人的メモ

第21弾 「人志松本のすべらない話」クリスマススペシャル
後の自分の為の、ほぼ個人的メモ。

私のような素人が評価するのはおこがましいですが、一視聴者からの点数評価。

単純に自分が笑ったか笑ってないかの基準。

コメントは無し。


「人志松本のすべらない話」クリスマススペシャル

第21弾 2011年12月23日放送分

以下、放送順。


連れ子02_長男さまは初対面でタメ口と手厳しいお方です・・・か!?

連れ子「挨拶」
予定通り、数日後に迎えた、彼女の子供2人との対面当日。


彼女と先に落ち合い、夕方、車で2人を拾う。
満足に挨拶もままならないまま、車を走らせてますので、車内は「びっみょ~・・・・。」な雰囲気。


みやび「こんばんは。無理言ってごめんねー。」

長男「いやw」(分かりやすい造り笑顔!)

次男「・・・・」(これまた分かりやすい!)


み「・・・とりあえず、晩御飯でも食べよか。」


子供達の希望で大衆焼肉屋へ。

2011年12月21日水曜日

連れ子01_バツ1子持ちおまけに年上の彼女を好きになった

連れ子「ネグレスト(養育放棄)」
テレビをつけると、連れ子への虐待など、悪いニュースがしばしば流れます。
虐待者の気持ちは、半分解ります。
決して許されることではありませんが。

私は現在、嫁と長男、次男の家族4人で暮らしてます。
3人共、私とは血縁関係はありません。

所謂、「連れ子」というやつです。

そんな、全くの赤の他人であった連れ子達との、現在進行である「共同生活」を綴ってみようと思います。

2011年12月20日火曜日

介護職05_虐待現場に遭遇。あなたならどうしますか?

介護職員05「虐待」
ブログコンセプトは、「介護職員だからこそ外に目を向ける」なのですが、最近介護職記事の割合が多い。
良いのか悪いのか。

今回は、今思い返しても、「相手を殴りたくなる」ので、言葉が多少乱暴なところがありますが、当時思ったこと、起こったことを、そのまま表現しています。

不快になりそうな方は、ここでページを閉じてください。

2011年12月18日日曜日

介護職04_職員同士のコミュニケーションは足りてますか?

介護職員04「コミュニケーション能力」
さてさて、第4回。

最近、介護職の記事を書くのが楽しいです。
当時を振り返れることができ、何かを感じてくださる方もいる。嬉しい限りです。

最初にお断りしておきますが、今回は、特に介護という括りは関係無いお話かも知れません。
どちらかと言うと、業種関係無く、自分の仕事に対する姿勢のようなもののひとつです。

共感を覚えない、反感、反論もあるだろう内容だと思います。
単純に、こんなヤツもいるんだなと思ってもらえたら幸いです。


では、お話しを。

当時、入社一ヶ月程経った頃でしょうか。
簡単な時間の流れは覚えたものの、技術的にはまだまだ素人で、教えを請うことが多い。



今、自分に出来ること

利用者さんはもちろん、職員さんにも申し訳ない状態でしたが、この施設で今、「自分の出来る仕事は何だろな」と考えていました。

当然、介護技術とは関係ない面になります。

自分に特別能力がある訳ではないです。
能力の無い私が何をしたかと言いますと、

2011年12月17日土曜日

一日一食 健康ダイエット_7 身体作り開始!

一日一食健康ダイエット7
開始から40日経過。

前回から約1週間の経過です。
この1週間は相変わらず夕食時に晩酌はしてます(これは止めるつもり無し)が、おおむね1食生活できてます。

変わったことと言えば

2011年12月14日水曜日

介護職03_公共空間で歯磨きをして何が悪い!?

介護職員03「施設長叱責」
アクセス数を見ると「介護職」記事の人気が思った以上にあるようでビックリ。
調子に乗って今回も「特養体験記」を!

前回記事の通り、入社1週間で早くも施設長に嫌われてしまった私。

施設長は、福祉に携わったことの無い、資格も無い、畑違いな芸術肌のお方でして、事あるごとに何かがズレてる。

仰ることに理解を示せない事が多かった。

何よりも、爺ちゃん婆ちゃんが触った物を触れない。
頂いたみかんを食べれない。その言動に驚いた。

なんでこの仕事してるんだと。

今回はそんな施設長から受けた、納得のいかなかった叱責エピソードをひとつ。

2011年12月11日日曜日

介護職02_初めての特養。1週間で早くも大問題!?

介護職員02「特別養護老人ホームに就職」
前回記事の通り、入社前なのに何故か職場の飲み会の席にいた私。

周囲からは「こいつ誰・・・?」的な雰囲気を感じるも、気にしません。

「宴もたけなわ」は、「縁もたけなわ」なんです。
お酒のパワーもあって、最終的には諸先輩方から「明日からが楽しみやな!」と可愛がってもらえました。

調子に乗った私は、「二次会いきましょか!」と先頭に立ってノリの良い人を集め次の店へ。

最終的に3次会まで引っ張ったのですが、

2011年12月9日金曜日

「Yahoo! JAPAN 年賀状」でオンライン年賀のススメ。無精者にピッタリ!!

Yahoo!JAPAN年賀状でオンライン年賀
皆さん年賀状の準備はお済みでしょうか。

不精な私は、今日オンラインで済ませました。
余りにも便利すぎるのでせっかくだしご紹介を。


メールだと味気無いけど、年賀状用意するのは億劫・・・。
上司には出さないと失礼。。。。

こんな人にピッタリのサービスが「Yahoo! JAPAN 年賀状」

オンラインで全て済ませられ、相手先には紙の年賀状がちゃんと届きます。



以下、操作手順。

一日一食 健康ダイエット_6 二食の壁が崩せない?

一日一食健康ダイエット6
好き。


開始から33日経過しました。

前回から約1週間。
なんといいますかもう、ほぼ一日二食になってしまってます。

食べたくないのに、嫁が自分の食べる分と一緒に、ご飯を作りやが作ってくださる。

2011年12月6日火曜日

介護職01_福祉の世界に飛び込んだきっかけは好奇心

介護職員01「介護職員の理由」
最近Twitterで福祉関係のTweetを眺めることが多いです。

せっかくなので、この業界に飛び込んでからの自分を振り返りつつ、自身の思想、介護感を中心に記事にしていこうと思います。

技術的なことは、他の勤勉な諸先輩方にお任せです。


飛び込んだ当時28歳。
今から4年前のことです。
きっかけは、前職時代のお客さん。

自分の知らない世界を見てみたいと、家族に施設関係者を持つお客さんに見学したいとお願いしたのが始まりでした。


開設5年程の比較的新しい特別養護老人ホーム。

2011年12月3日土曜日

創価な幼馴染に思う学会員との付き合い方。このラインは超えるな!

創価学会員との付き合い方
好き。嫌い。

まず、私は無神論者であり、創価学会員ではありません。

みなさんの身近に必ずと言っていい程、学会員がいると思います。

私もご多分に漏れず、近しい相手で挙げると、小学校低学年からの幼馴染や祖母がそれに当てはまります。


当時家で取っていた新聞は聖教新聞でした。

母親曰く、「新聞安いから。」でした。
まあ、テレビ欄しか見てませんでしたし、祖母の手前取ってあげてたのでしょう。

それが何なのか、当時は知る由もありませんでしたが。

そんな環境でしたので、知らず知らずのうちに創価学会員との付き合い方を考えることがしばしばありました。


以前記事にしました「韓流に対し日本国民はどう付き合うべきなのか」と結局は同じかなあと思うわけですが、近親者にも学会員がいるわけで、

2011年12月1日木曜日

一日一食 健康ダイエット_5 いい肉の日が憎らしい

一日一食健康ダイエット5
好き。


開始から25日経過しました。

前回からはちょうど1週間経過。
生活リズムは相変わらずですが、少しマシになってきたかな。

付き合いの割合で決まってしまうのが辛いところ。


そして一昨日は11月29日。

そうです。良い肉の日とか無理やり理由つけて「肉を食べよう」という食肉業界かどうか知りませんが、陰謀の日です。
うん。絶対陰謀。
そう思いたい。

案の定、仕事から帰ってきた嫁がニコニコ笑顔で