2011年12月14日水曜日

介護職03_公共空間で歯磨きをして何が悪い!?

介護職員03「施設長叱責」
アクセス数を見ると「介護職」記事の人気が思った以上にあるようでビックリ。
調子に乗って今回も「特養体験記」を!

前回記事の通り、入社1週間で早くも施設長に嫌われてしまった私。

施設長は、福祉に携わったことの無い、資格も無い、畑違いな芸術肌のお方でして、事あるごとに何かがズレてる。

仰ることに理解を示せない事が多かった。

何よりも、爺ちゃん婆ちゃんが触った物を触れない。
頂いたみかんを食べれない。その言動に驚いた。

なんでこの仕事してるんだと。

今回はそんな施設長から受けた、納得のいかなかった叱責エピソードをひとつ。


ここは、従来型と言われる特養です。

縦長の廊下に居室が並び、中心にフロアで1番大きな公共空間があります。

普段、居室以外では、主に公共空間がじいちゃんばあちゃんの生活空間になります。

それぞれ気の会う人同士でおしゃべりされたり、テレビを観たり、レクリエーションなどを催したり。

食事の場でもあります。



ある日の朝食後の出来事。

職員が食後のK婆ちゃんを、なんとか洗面台にお連れしようと頑張るものの、「磨きたない!」「うちはエエねん!」と拒否の姿勢を貫いている。
私に負けず劣らずな頑固者です。

この婆ちゃん、普段からほとんど歯磨きをしない。
当然、数少ない歯もボロボロで、なんとか磨いてもらえないかと議題にも挙がっている。

そこで私は、自分の歯ブラシとKさんの歯ブラシを用意し、苦戦している先輩と業務を換わってもらった。

みやび「Kさん。僕も今から歯磨きせなアカンから、一緒に付き合ってください><」

K婆「兄ちゃんも言われたんか!しゃーないな。一緒にしよか。」


Kさんは普段、頼られると喜んで引き受けてくださる事が多い、サバサバとした性格。
洗面台に案内しようとすると、同じ対応でも断られるのですが、その場でならしてくださる。

笑顔で歯磨き出来て一安心。


・・・・・・と思いきや。


「何をしてるんですか~!!」

となりの寮母室から施設長の金切り声が。


まさか自分とは思わず、楽しく歯磨きしていたのですが、夜勤者との申し送りの場にいた現場主任が早歩きでこちらに向かってくる。

走らないところがニクイ!


主任「みやびさん。ここで歯磨きやめて。」

み「?」


主任「洗面台で歯磨きして欲しいねん。」

み「どうせ施設長がごちゃ言ってるんでしょう。」


若さって怖い。

み「嫌ですって言っといてください。」(半分冗談半分本気)

主任「言えるかアホwwwwwwww」


主任「ごめん。後で話し合おう。今は折れてくれ。」



施設長の視線が痛い。
主任にも立場があるので、仕方なく切り上げる。


後に、主任に話しを聞いたところ

・職員が歯磨きをして何のつもりだ。(サボってる)

・そこは歯磨きをする場所では無い。正しい場所でしなさい。


主に上記2点が、施設長の言い分らしい。
TOPの言うことには従うべきですが、最終決定まではしっかり議論を重ねたい。

私が歯を磨いていたのが「サボり」だというバカな話しは、主任、私の両者共、論外だと思っているのでどうでもいい。
当該時間帯は、業務が回っているのを確認しているし、Kさんに歯磨きをしてもらうのも大事な仕事です。


「歯磨きをする場所では無い。」

これに関しても、公共空間は食事だけでなく、ボール遊びもすれば、なんでもする空間として位置づけられている。
他の利用者さんの中にはすでに太鼓で遊んでいる姿もあった。
周囲はほとんど食事を終えており、Kさんの席は、ゆっくり食事をしている利用者さんにも見えにくい隅っこであった。
Kさんの歯磨きを「エラいね。」と微笑ましく見守る利用者さんはいたが、「汚い」だ「嫌」だと感じているであろう利用者さんは、見受けられなかった。

せっかくKさんに歯磨きをして貰える事例が出来たのに、ここで折れると明日から出来なくなる。
主任と詰めた結果、「主任が施設長から許可を得れるよう話しをする」ことになりました。


後日の返答は、

主任「みやび、ごめん・・・・・。」

施設長「ダメです!公共空間で歯磨きはしないで下さい。」



以降、K婆ちゃんの歯磨きに悩まされるみやびでした。




■介護職員に読んでもらいたい本
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 件のコメント:

  1. いますよね、こういうトップ。
    やってらんね~ですね、こんなトップだと。

    それにしても・・・
    なんか私をみているような・・・

    返信削除
  2. 福祉と無縁の方でしたので、何かとやってらんね~でしたね。懐かしいです。
    周囲から変わり者と言われているなら、あなたは私かもしれません・・・

    京奈良飛鳥さんの「踏ん張らない介護」良いですね。
    意識させてもらいます!

    返信削除