2011年12月21日水曜日

連れ子01_バツ1子持ちおまけに年上の彼女を好きになった

連れ子「ネグレスト(養育放棄)」
テレビをつけると、連れ子への虐待など、悪いニュースがしばしば流れます。
虐待者の気持ちは、半分解ります。
決して許されることではありませんが。

私は現在、嫁と長男、次男の家族4人で暮らしてます。
3人共、私とは血縁関係はありません。

所謂、「連れ子」というやつです。

そんな、全くの赤の他人であった連れ子達との、現在進行である「共同生活」を綴ってみようと思います。


彼女との出会い

出会いは、2年半前の夏。

当初は、お互いお付き合いしている相手がおり、ただの知り合い。
子持ちバツ1の年上さん程度の認識。
それでも、お互い酒好きなのもあり、共通の仲間数人でよく呑んでました。


そんな関係が1年続いた頃。

この頃、私は当時の彼女と別れ、フリーを満喫していたのですが、何故だかこの年上バツ1さんに惹かれた自分に気付きます。

暇があれば、飲みに誘い2人で何度か呑むうちに、「あー、この人と一緒になりたいな」と思うようになり、褒められる行為ではありませんが、結論を言うと、彼女を8年も付き合っていた彼氏から奪う形で、私と付き合うことになりました。



正式に交際スタート

交際が始まると、仕事の時間以外、お互いほとんどの時間を共に過ごすように。
彼女は私の家に入り浸り、私もそれを求めてました。


1週間程経った頃。

(そういえば子供いるって言ってたけど、どうしてんだろ。)
と、今更ながら疑問。


みやび「なあ。子供どうしてるん。大丈夫なん?」

彼女「小さくないし、大丈夫よ。」


子供は中学生と高校生の男の子。
自分の子供時代と照らし合わせると、親が嫌いで18才で家を出ましたし、家族というコミュニティーが大嫌いで育った私。

納得しそうになりましたが、それでもまだ、下の子は中学生。
私と環境も違いますし、気になります。


み「ご飯どうしてるん?」

彼女「知らん。適当にしてるんちゃう。」


ふむむ。

彼女が、息子達を溺愛していたのを知ってますし、会話にも子供との思い出などたくさん出てきます。 

良くも悪くも子供である彼女。
ヤンママという歳でもないので元ヤンママ。
ヤングではなく、ヤンキーのヤン。

シングルである彼女は、正社員として仕事をこなしながらの子育て。
成長し、難しい年頃になった息子達。
いつしか心のキャパシティーを超えてしまい、上手く関係を築けなくなったのでしょう。
気が強いのもあり、顔を合わせる度に文句の言い合いで、お金だけ置いて、子供から逃げてるらしい。

私と一緒に居たいのもあって、余計に家に帰りたくないと。
嬉しいですが、素直に喜べない。

私の心の中では、すでに「彼女と一生一緒にいる」覚悟に近い感情を抱いてましたので、付き合う前から分かっていた、「彼女の子供」もそれに含まれています。

たまに息子からメールが来るようでしたので、ちょこちょこ気にはかけていたのですが、その後も大丈夫の一点張りでした。



学校の先生から1本の電話

ある日、家に帰ると、なにやら彼女の様子がおかしい。

問うてみると、昼に中学校の担任から電話があり、「次男が、『みなさんさようなら。』と自○をほのめかすメールを複数の友人に送っていた。大丈夫なのか?」という内容でした。

その他にも、同時期に、兄弟喧嘩で包丁を持ち出していたこともあったと。


親が居ないのが1番の原因でしょう。

ネグレスト(養育放棄)。


そう思いました。


結果的には、何事も無く、無事だったのですが、
これでハッキリと、彼女の家庭には、「親が居なくても大丈夫」が通用しない事が分かりました。

彼女「もうどうしたらいいか分からん・・・・。」

彼女「みやびとも別れたくないし、子供とうまくやっていく自信もない。。。。」


み「4人で暮らせんか?」

彼女「・・・・分からん。みやびはそれで良いの?」


み「お前と一生一緒のつもりでおるねんけど。最初から子持ちなん知ってるし、子供も含まれるやろ。」


み「子供がどう考えるかやな。」



早速、彼女より長男に電話を入れ、後日4人で会う事になりました。

続く。




■子連れ再婚を考えたときに読む本たち
楽天ブックスで探す
Amazonで探す

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2 件のコメント:

  1. ・・・・絶句・・・・・。

    返信削除
  2. >>匿名さん

    どういったお立場か存じませんが、私達のようなバカを笑い、「こうはなりたくない。」と思って頂ければ幸いです。

    返信削除