2011年11月23日水曜日

由紀さおりでわたしの歌謡曲が始まってしまったどうしよう

PinkMartini&SaoriYuki」「1969」
好き。

何やら、世界中で「由紀さおりブーム」が起こってるというのが目に入って気になってたのですが、調べてみたら由紀さおりの歌謡曲が世界中で大ヒットしてるとのこと。

「Pink Martini & Saori Yuki」名義でタイトルが「1969」。

親の世代の歌謡曲とか興味無かったですし、「へー。」って感じでスルーしてたのですが、視聴してみるとこれがすごく良い!


ジャズが歌謡曲を解釈するとこうなるんだなと。

ここ数年、自分の好きなジャンルのHiphop、Jazz辺りのCDをたまに纏め買いする程度だったのですが、
こうして自分に無いジャンルで「めっちゃ欲しい!」と思わせられたのは本当久しぶりです。
しかも、まさか歌謡曲に心を動かされるとは思わなかった。

「ピンク・マルティーニ」という有名なジャズオーケストラグループとのコラボなのですが、ピンク・マルティーニのリーダーが偶然、中古レコード屋で由紀さおりの「夜明けのスキャット」をジャケ買いしたところ、美声に惚れたのが始まりだとか。

世界的大ヒットの始まりが、「ジャケ買い」というのがすごいw

歌謡曲自体なんとなく聞いたことがある程度で、語れる立場ではありませんが、歌謡曲の良さを壊さずに、さりげなく見事にマッチされてます。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」「夜明けのスキャット」など、タイトルを知らなくても、どれもどこかで聞いたことがあり、懐かしい昭和な気分になれます。

是非、深夜に一人っきりの時、静かな場所で聞いてみてください。
麗しい声とバックミュージックが心を洗ってくれます。

この記事を書いている時点で、とうとう全米チャート1位、カナダでも1位になってます。
日本の60年代の歌謡曲が世界で1位を記録してるのです。
これは前代未聞の大記録のはず。


団塊の親世代はもちろん、平成の若い世代にこそ、是非聞いてもらいたいアルバム。
流行り廃りが無い、世代を超える、世界に誇れるジャパニーズ・ミュージックです!


以下、楽天ブックス リンク先で視聴できます。


楽天ブックス
Amazonはこちら

■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿