2011年11月9日水曜日

花王不買運動デモの是非

花王不買運動デモの是非
賛成。

ただし、花王社員への攻撃、企業倒産を煽るような過激な方や、快楽愉快犯のような運動には反対です。

国民の声を無視した結果、会社が潰れるのなら、それまでの企業だったんでしょうし、それはそれで仕方ないとは思います。

電通、フジテレビ他の、問題の有り過ぎる偏向報道をするマスメディアへの資金提供を止めて欲しい。

これが目的です。


不買運動自体は、悪いことでは無いと思います。
国民の出来る正当な対抗手段です。

良い意味でおとなしい、優し過ぎる日本人ですが、性善説が通用しない相手には、それなりに対抗手段を講じなければいつまで経っても騙され続け、バカを見るだけです。

本当に取り返しのつかない明日になる前に、どれだけの人が、一日本国民として危機感を抱けるかが鍵ですね。


サントリー他、同じような企業がありますが、力を分散させては負けてしまうでしょう。
まずは、強大な相手に対してでも、国民が「オカシイものはオカシイ!」と声を上げ、それが反映されるという実例を作るのが大切です。
実例が出来れば、他への抑止力にもなるでしょう。

お客様センターオペレーターの対応云々という話しもありますが、真偽は定かではありませんし、そんなものは本題とは関係ありません。どうでもいいです。

広いWEB上のほんの片隅に存在している当ブログですが、1人でもこの記事をきっかけに、何かを感じてもらえたら良いなと思ってます。


花王ショック、健康エコナ、ヘルシアなど、良いイメージの無い花王製品は、元々ほとんど使用してなかったのですが、洗剤などを家族が結構使っていました。
他に良い日本製品がたくさんありますし、意識して代替品を買うようにしてもらってます。



ということで、私は「花王不買運動」に賛成です。


2012年4月4日追記

『なぜ花王不買なのか? why boycott KAO?』
解り易い動画があったのでご紹介。

せっかちさんは、せめて6分からの本題「花王不買の訳」を見ましょう。






キム・ヨナ主演「僕とスターの99日」は、本当びっくりしました。
他国では、まず考えられ無い流れでしょう。
花王は選択の余地が無い程、首根っこを掴まれているのか、ただのバカなのか。
それとも、現代のネット社会は影響が無いと軽く見てるのか。

『外国人参政権』
『人権侵害救済法案』

こういった在日外国人の一部の寄生虫どもの悪知恵も、結局関係してくるんですよね。


「世の中に無関心であればあるほど、世の中は悪くなっていく。」

本当、その通りだと思います。
主にネットを通じて、世の中に興味関心を持つ人が増えた結果、今まで隠され見えなかった世の不条理が見えるようになったんですしね。


■無添加ミヨシ石鹸シリーズ
楽天市場で探す
Amazonで探す

↑私の家庭で使用している、無添加「ミヨシ石鹸」シリーズ。
かなり売れているようですね。


■ソーシャルで記事を共有

■ランキング参加中  応援クリックありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログ 介護福祉士へ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

0 件のコメント:

コメントを投稿